製品展開

工業用ゲルエンジェルック応用製品の選定工程


  • お客様から課題提議もしくは、解決要請を直接orメールなどで確認し、既存の自社企画製品の適用可否検討と確認からスタートが基本スタイル。
  • 既存の自社企画製品が適用可能な場合、最適仕様を製品シリーズから選定提案、もしくはお客様に最終選定依頼を実施へ。
  • 不適の場合は、個別(カスタム)対応の旨をお客様と協議調整の上で、大筋合意後に最適仕様の詳細検討を実施も基本スタイル。
  • お客様製品(システム)の品質と付加価値向上、あるいは収益拡大の貢献目的の「高機能部品」のポジションとなる。
  • 動的ストレス(振動/衝撃)対策の高機能部品の最適仕様の確立ゆえに、お客様の課題の直接確認〜材料選定、各種設計、生産技術と量産体制確立まで一貫体制が基本から、競合他社が追従不可能な独自技術とノウハウ適用が特長である。



  • 各種の精密製品(例:医療機器、計測器等)の場合は、製品の特性上、筐体内に設定が優先されるため、個別(カスタム)対応が中心となる。
  • それ以外の日常生活の不快不満現象対策、あるいは小〜大型の産業機器関係は、既存もしくは今後ラインアップ予定の自社企画製品シリーズにて対応可能。
  • 但し、条件によっては、別途協議調整の場合もあり。


PICK UP ITEMピックアップ商品

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。