問題の現象とその対策

衝撃とその対策

瞬間的な衝撃エネルギーが繰り返し反発と対象物の破損、不具合を誘発

<対策前>

・瞬間的な衝突エネルギーが繰り返し反発と対象物mの破損/不具合を誘発。

<対策後 : ダブル効果で衝撃エネルギー吸収>

1. 弾性(バネ成分)=3次元全体の変形力で優しく受止め、かつ、ゆっくり復元。
2. 粘性抵抗(内部摩擦)による「衝突 → 熱」エネルギー変換。


振動とその対策

振動が機器内を伝播し、共振により不安定稼働、不具合や騒音を誘発。

<対策前>

・振動源(例:ポンプなど)の振動エネルギーが機器やシステムの各部を伝搬し、共振現象により不安定稼働、不具合、不快、騒音を誘発。

<対策後 : ダブル効果で振動エネルギー吸収>

1. 弾性(バネ成分)=3次元のバネで適正たわみ量の維持と振動絶縁。
2. 粘性抵抗(内部摩擦)による「振動 → 熱」エネルギー変換。


局部応力集中とその対策

局部応力(一点)集中と反発力の影響から破損、不具合などを誘発。

<対策前>

・局部応力(一点)集中と局部応力と同等の反発力の影響(作用と反作用の法則)から、破損/不具合(例:痛み)などを誘発。

<対策後 : ダブル効果で局部応力を緩和 =圧力分散>

・1バネ成分と2粘性抵抗の複合により、均等な圧力分散とゆっくり復元の低反発機能も実現。

PICK UP ITEMピックアップ商品

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。