既存製品との比較

工業用ゲルの比較

代表的な工業用ゲルとの比較 1

代表的な工業用ゲルとの比較
・極々一般的には、幼少期からの体感と経験、感覚から「柔らかいモノ」を配置さえすれば、費用をかけずに容易に解決可能・・・・の「思い込み」が一般ユーザにも、各分野のセットメーカーの開発設計者にも先行背景がある。
・そのため、TVや家具等の耐震用「耐震マット」と頻繁に比較されるが、工業用ゲル「エンジェルック」はこれらとは全く別モノである。

・尚、この延長線上がホームセンタや家電量販店、インターネット等で「効果テキメン」キャッチコピーの自称?対策製品の氾濫であり、いずれも期待効果が得られ難い事実でもあり、ご経験者やご不満をお持ちの方々も多々いらっしゃるはず。

工業用ゲルの比較 その2

代表的な工業用ゲルとの比較
・熱可塑樹脂(所謂、プラスチックス)にオイル分(可塑剤)を大量適用し、限りなく柔らかくし、比例した表面濡性を発揮させ、粘着効果を高めて設置面と強力固定が所謂、耐震マットであり、身近な工業用ゲルでもある。
・構造上、硬質層の分子グループで分子拘束が仕様となるため、物理的分子内拘束と定義される。
・尚、「耐震」とは地震力を受けても倒れ難いように耐える仕組みが定義であるため、エネルギーは吸収(低減)されないこと追記する。

工業用ゲルの比較 その3

代表的な工業用ゲルとの比較
・一般普及型でかつ、日用品のポジションの熱可塑仕様の工業用ゲルは、基本構造とメカニズムから、不要振動や衝撃エネルギーの効率対策に限界あり。温湿度変化含めた環境変化に性能依存があることは、一般的にはあまり知られていない背景もある。
・そのため、振動、衝撃、局部応力集中の効率かつ、永続対策に対して、「誤認識による誤使用」が多発背景から効果が極少、もしくは課題が増長のケースも少なくない。

・幼少期からの体感と経験、感覚から「柔らかいモノ」を配置さえすれば・・・の視点は、一般ユーザだけでなく、これら既存の複数の対策製品メーカーも一般ユーザと同等レベル?の悲しき現実も直視せざるに得ないが現状である。


既存インシュレータ比較

オーディオ用インシュレータ

オーディオ用インシュレータ
・本用途の不要振動エネルギーは小さいため、比例し製品サイズも小型/薄型が多い。それゆえに多種多様材質の製品が無数存在しているが、「不要振動エネルギー吸収メカニズムと効果&コンセプトが正直???」製品が氾濫の現状である。

・そのためターゲットユーザであるオーディオ愛好家の満足度も著しく低い、自称?製品が大半であり、それに比較しては、製品単価が著しく高価格帯である。

・音質改善は、音楽だけでなく「言語を選ばない」特長から、通話や音声案内などのコミュニケーションツールにも適用可能であるため、対象市場は世界規模となる。
・インターネットと音声認識の複合ツールの家庭用マルチスピーカの音質改善の新市場と予測する。

ピアノ用インシュレータ

ピアノ用インシュレータ
・氾濫中の多種多様の材質既存製品のポジションがいずれも曖昧状態であり、ユーザも選定〜セット後の(効果)コストパフォーマンスから困惑が多い。

・オーディオ用インシュレータと同様、ユーザ満足度も著しく低い、自称?製品が大半であり、それに比較しては、製品単価が著しく高価格帯である。

・その結果ゆえに 数十〜数百万台単位の休眠ピアノが存在事実も無関係と言い難い。

・サイレント方式であっても、鍵盤からの振動/衝撃は、脚部経由で床面から高速で予想外の遠方まで伝搬するため、趣味趣向と住宅環境から考慮し、コストパフォーマンスに優れた弊社製品の適用を推奨します。

・グランド、アップライト用共に製品シリーズ展開のため、ご相談ください。

PICK UP ITEMピックアップ商品

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。